Microsoft – 4000万ドル規模の医療AIプロジェクトを始動

Photo by iStock

Microsoftは今週、AIによって幅広い医療問題の解決を目指す新プロジェクト「AI for Health」を公表した。本プロジェクトはMicrosoftが進める「AI for Good」プロジェクトの一端を担い、約4000万ドルが投じられる見込みとなっている。

GeekWireの報道によると、重点投資されるのは3つのコア領域で、1. 疾患予防・診断・治療、2. 死亡率や寿命に関連する医学研究、3. 世界規模での健康格差是正 となっている。Microsoftは、これらの医療問題に取り組むパートナー組織に対し、資金の提供だけではなくデータサイエンティストの派遣・関連技術の提供など、高度専門リソースの共有を行うとのこと。 

AI for Healthから拠出される最初の資金は、フレッド・ハッチンソン癌研究センターやシアトル小児研究所、国際NGOのBRAC、ノバルティス財団などが交付先として挙げられている。Satya Nadella CEOの元、MicrosoftはAIを最重要領域とみなした事業展開を進め、シリコンバレーの有力実業家・投資家からなるNPO「OpenAI」には約10億ドルの投資を行うなど、その勢いは増すばかりとなっている。

前の記事アジアの乳がん診断を革新できるか? – 韓国Lunit社のAI診断ソフト「INSIGHT MMG」
次の記事Philips Home Safe – 高齢者の転倒を防ぐAIシステム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。