Biofourmis – Gaido Healthの戦略的買収によって腫瘍領域に参入へ

デジタル治療のグローバルリーダーであるBiofourmisは16日、製薬大手の武田薬品から、ロサンゼルスを拠点に腫瘍学領域に注力するGaido Healthを買収することを公表した。

Biofourmisによると、Gaido Healthのデジタル治療ソリューションを活用し、分断されたがん治療のパスウェイを改善することを目指すという。具体的にはBiofourmisのBiovitalsプラットフォームと組み合わせることで、ウェアラブルバイオセンサーを利用した患者の継続的リモートモニタリングによって、合併症発現の初期徴候を捉える。また、がん患者がある程度症状を自己管理できるようにすることで、生活の質向上も同時に実現するとのこと。

合併症の初期徴候を検出、早期に医師に通知する同システムによって、化学療法を受けている患者の約3割が「再入院する」か「救急部門への受診を要する」現状を大きく改善する可能性がある。Biofourmis CEOのKuldeep Singh Rajput氏は、患者個人のベネフィットに加え、コスト削減を介した医療経済的な最適化に資する可能性も強調する。

過去記事: Biofourmis CEO独占インタビュー

前の記事COVID-19のトリアージ – 胸部X線画像を正常と診断するbehold.aiのAI技術
次の記事骨粗鬆症リスクを見逃さないために – AIソフトウェア「XRAIT」
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。