英国NHS – がん検出のための病理AIを臨床導入へ

病理AI開発で知られるIbex Medical Analyticsと、英国民保健サービス(NHS)に対してデジタル病理サービスを提供するLDPathは、臨床グレードのAIシステムとして初めて英国NHSにおける大規模展開を始めることを公表した。

Ibex Medical Analyticsが6月30日公表したところによると、Ibexが誇る前立腺がん検出AIを英国内に展開し、病理医の診断精度・効率の向上を目指すという。英国中のNHS病院に病理組織画像システムやレポートサービスを提供するLDPathのネットワークを活用し、IbexのGalen Prostateプラットフォームを病理ワークフローに統合することとなる。

英国では病理医の数が非常に限られており、前立腺生検によって得られた組織サンプルは宅配業者を使って専門医に配送し、診断が行われることも多い。過度なリソース不足は深刻な診断の遅れを招いており、現在は社会問題としても扱われる。CEマーク認証も取得済みの同AIシステムは、国民の切実な想いに向き合おうとしている。

前の記事てんかん発作の脳波検出精度を高めるAI研究 – ワシントン大学
次の記事「救命救急で重大な4つの頭部CT所見」の診断AIで米FDA承認 – Qure.ai
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。