Nucleai – イスラエル最大の病院とのデータコラボレーションへ

イスラエルのAIスタートアップ・Nucleaiはデータコラボレーションのための、新しいパートナーシップを公表した。同国最大の病院であるShebaとの協調により、同社は病理画像・臨床データ・ゲノミクス・ラジオミクスなど数百万の患者記録にアクセスできるようになる。

NucleaiとShebaは既に、「肺がん患者に対する免疫療法における組織学的バイオマーカーの探索」について共同プロジェクトを持っている。The Jerusalem Postが8日報じたところによると、今回のパートナーシップはこれを拡張したもので、同プロジェクトを支援するためのAIソリューション研究を推進する予定という。

Shebaは1,430床からなり、1,200名を超える医師を擁する巨大病院であるとともに、Newsweekが選ぶ「世界ベスト病院 2021」でもトップ10に数えられている(なお1-3位はいずれも米国で、順にメイヨークリニック・クリーブランドクリニック・マサチューセッツ総合病院。日本最高順位は東大病院の16位)。NucleaiのCEOであるAvi Veidman氏は「Shebaのデータリポジトリを活用し、マーケットで最も堅牢なデジタル病理プラットフォームの構築を続ける」としている。

前の記事欧州放射線学会 ECR 2021 – PhilipsとLunitがX線診断AIでの提携を公表
次の記事病理学におけるAI/機械学習の展望
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。