欧州放射線学会 ECR 2021 – PhilipsとLunitがX線診断AIでの提携を公表

欧州放射線学会(ECR 2021: European Congress of Radiology)が2021年3月3日~7日に開催された。同イベントでは、Philips社のデジタルX線撮影システムに、韓国の医療AIスタートアップLunit社のAIソフトウェア「Lunit INSIGHT CXR」を組み込む、新たな提携が発表されている。

Philips社のプレスリリースでは、ECR 2021で発表された2社の提携についてが報じられている。「Lunit INSIGHT CXR」は胸部X線で重要とされる10種の異常所見が検出可能であり、結核のスクリーニング・COVID-19肺炎・肺がんの検出などに効果的であることが各種臨床試験で示されてきた。その診断AIをPhilipsのX線撮影システム「Eleva」のワークフローに統合することで、グローバル企業Phlips社が製品を展開する世界的規模での利用が可能となる。

Lunit INSIGHT CXRは欧州の医療機器認証CEマークを既に取得している他、2021年内には米FDA承認取得も予定しているという。Lunitは2013年の創業以来、世界的な大手ベンダーとの積極的な提携を行ってきた。GE HealthcareのAIシステム「Thoracic Care Suite」にLunitのアルゴリズムが用いられていることを以前に紹介した(過去記事参照)。Lunitの矢継ぎ早の国際展開には、より一層の注目が続いていくだろう。

関連記事:

Lunit – 肺がん検出におけるAIの有効性検証試験結果を公表

GE Healthcare – 胸部レントゲン写真から異常を検出するAIシステム

前の記事NIH – アルツハイマー病における精密医療への取り組み
次の記事Nucleai – イスラエル最大の病院とのデータコラボレーションへ
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。