医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例疾患治療へのAI活用事例NIH - アルツハイマー病における精密医療への取り組み

NIH – アルツハイマー病における精密医療への取り組み

米国立衛生研究所(NIH)は、アルツハイマー病への精密医療アプローチを実現するため、Accelerating Medicines Partnership Alzheimer’s Disease(AMPAD)の次期バージョン・AMPAD 2.0を公表した。

NIHが先週明らかにしたところによると、AMPAD 2.0は最先端の単一細胞プロファイリングや計算モデリングなどの新しいテクノロジーをサポートしており、アルツハイマー病における治療法開発への精密医療アプローチを促進するという。産学官を問わず各方面からの協力によって、オープンサイエンスの実践を通した新規薬剤の標的、バイオマーカー、および疾患サブタイプの同定を進める。

NIHのディレクターであるFrancis S. Collins氏は「アルツハイマー病の背景にある複雑な生物学的メカニズムを解明することが、治療法の開発にとって重要だ」と述べ、AMPAD 2.0が前バージョンで開発した「分子マップ」の精度を高めることに主眼を置いている点を強調する。治療ターゲットとバイオマーカーが特定されれば、疾患サブタイプに対する特異的な治療介入が実現されるため、プログラムに対する期待は非常に大きい。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事