ドイツ国内初となるAidocの採用 – Unfallkrankenhaus Berlin

イスラエルの医療画像AIスタートアップ「Aidoc」は、2016年の設立以降、医療画像AIのトップランナーとしての地位を確立してきた。米FDA認証7種の他、ヨーロッパ規制当局からのCEマーク9種を得て、世界各国で順調なシェア拡大を続けている。

Aidocのプレスリリースでは、ドイツの医療センターUnfallkrankenhaus Berlin(ukb)が、同国内で初めてAidocのAIソリューションを導入したことを報じている。ukbは救急医療に重点を置く公立病院BGグループの一員で、昼夜を問わない患者受け入れ状況から負担が大きく、AIによる医療の効率化が待望されていた。また同医療センターは、20の地域病院に遠隔放射線診断サービスを提供しており、地域全体の患者が最新の医療画像AIの恩恵を受けられるようになる。

ukbで神経・放射線医学研究所所長を務めるMutzw教授は「AidocのAI実用化は、一刻を争う放射線診断をより安全なものにする大きな一歩です。これは私たちのチームにとってAIを使う初めての経験ともなります」と述べている。世界有数の医療水準を誇るドイツ国内で、Aidocによるサービスの価値が認識されていくか、今後の動向にも注目したい。

関連記事:

  1. Aidoc – 医療画像AIの導き手はイスラエルから
  2. 脳卒中のAI画像診断で虚血も出血もカバーする完全パッケージ – Aidocの新リリース
  3. イスラエルのスタートアップ・Aidoc 2700万ドルの追加調達

前の記事Shift Technology – シリーズDラウンドで2.2億ドルを調達
次の記事EARN – 転移性乳がんのドライバー遺伝子を予測する機械学習アルゴリズム
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。