統合失調症リスクを捉えるエピジェネティックマーカー

ベイラー医科大学などの研究チームは、機械学習アプローチによって統合失調症リスクを示すエピジェネティックマーカーを特定し、統合失調症の有無を血液検査で高精度に識別できることを明らかにした。

生物科学における比較的新しい概念として「エピジェネティクス」がある。生命はゲノムに依存し存在するが、遺伝子発現を細胞がコントロールするプロセスをエピジェネティック制御と呼ぶ。塩基配列の一部がメチル化すると遺伝子の働きが制御される事実があり、DNAにおける「4種の塩基配列だけ」が遺伝子の働きを決定するのではないというもの。同大学が3日明らかにしたところによると、研究チームは血液サンプルに基づき、統合失調症の診断を持つ人と持たない人の間で異なるメチル基プロファイルを特定したという。この新しいエピジェネティックマーカーによって構築したモデルは、独立したデータセットでの検証において80%の精度で統合失調症患者を識別できたとする。

研究チームはsPLS-DAと呼ばれる機械学習アルゴリズムを用い、ヒトゲノムの特定領域(CoRSIV)を分析することでこの成果を得た。研究を率いたChathura J. Gunasekara氏は「我々の研究は非常にエキサイティングだ。人生の早い段階で統合失調症リスクを予測できる可能性を示しただけでなく、他疾患への適用余地も大きい新たなアプローチを提案している」とし、成果の重要性を強調している。

原著論文:A machine learning case–control classifier for schizophrenia based on DNA methylation in blood

関連記事:

  1. 法医学領域における年齢予測のためのエピジェネティックモデル
  2. 統合失調症患者の1親等以内の発症リスクを予測する機械学習モデル
  3. デジタルフェノタイピングが精神疾患の分析を加速させる
  4. 精神疾患へのAI活用 – 機械学習アプローチによる長期予後の予測
  5. 精神疾患治療のアドヒアランス不良を検出するAIシステム

前の記事「転移リスクの高いがん細胞特性」を視覚化するAI研究
次の記事AI手法で示された乳がん予後予測の鍵「コラーゲン配列」
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。