医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療系AIスタートアップ・ベンチャー企業の動向デスティネーション・グアム - トップ医師とAI企業が太平洋の島に向かう理由

デスティネーション・グアム – トップ医師とAI企業が太平洋の島に向かう理由

米サンフランシスコに本拠を置くAI Health社は、AIとIoTに基づくシンプルで費用対効果の高いヘルスケアソリューションの提供を行っている。同社はこのほど、糖尿病治療と管理に向けたAIシステム構築を目指し、グアム島における大規模な研究計画の開始を明らかにした。

AI Health社による21日付けプレスリリースによると、グアム在住の患者、現地病院やクリニック、検査機関、保険会社と連携し、あらゆるヘルスデータをAIプラットフォームに集約するという。これにより慢性疾患、特に糖尿病発症に関わるリスク因子の特定と治療における新しい洞察を得ることを主要な目的とする。研究を主導するのは関連領域の著名医師・研究者らで、糖尿病テクノロジーのパイオニアであるDavid C. Klonoff氏や、糖尿病の最適化治療で知られるFrancisco J. Pasquel氏らが含まれる。

米疾病予防管理センター(CDC)の推計によると、グアムにおける糖尿病有病率は米国のほとんどの地域よりも高く、チャモロ人の血を引く成人では18.9%と6人に1人が糖尿病に罹患する。Klonoff氏は「グアムは、非常に大きな代表サンプルを提供してくれるだけでなく、民族の多様性、ほとんどの慢性疾患の存在、そして洗練された医療コミュニティがある。また、島が小さいので、管理された効率的な研究を行うことができ、医療エコシステムにおける主要なステークホルダーの多くに直接関与することができる」と地の利を生かした研究計画に期待感を示している。

関連記事:

  1. 香港における糖尿病患者の全死因死亡予測モデル開発
  2. 機械学習による妊娠糖尿病の早期予測とリスク因子探究
  3. カリフォルニア大学サンフランシスコ校 – スマートフォンカメラによる糖尿病スクリーニング

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事