医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究乳がん再発リスク予測AIモデル - 欧州臨床腫瘍学会 ESMO 2021より

乳がん再発リスク予測AIモデル – 欧州臨床腫瘍学会 ESMO 2021より

乳がんの長期予後は良好となってきており、患者全体で5年生存率87%程度との推計がある。初期治療後に再発する10%前後の高リスク患者を特定するため、また一方で化学療法の必要性が少ない低リスク患者の生活・仕事に影響を及ぼす「不必要な治療」を回避するため、再発リスクの正確な分類が課題となっている。

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2021年次総会において、フランスのAIスタートアップOwkin社とがん研究機関Gustave Roussyが共同で「病理スライド画像と臨床データにディープラーニングを適用した乳がん診断ツール」を発表している。早期乳がんでエストロゲン受容体陽性(ER+)、HER2陰性(HER2-)の患者1,437名を対象とした研究プロジェクト「RACE AI」から、再発リスクを予測するAIモデルを構築し、5年遠隔再発の予測でAUC 81%を達成した。

Gustave RoussyのGarberis博士は「このモデルは早期乳がん患者の再発リスクを予測し、低コストで治療方針を決定する有望なツールになるだろう」と語る。共同研究に参加しているOwkin社は、CB Insightsが毎年公表する「世界の有望AIスタートアップ」(過去記事参照)の2021年版にも選出されており、ESMOには「肝臓がんの進行予測AIモデル」も発表するなど業界における存在感を強めている。

関連記事:

  1. 2021年最新「世界の有望AIスタートアップ Top 100」
  2. 仏Owkin AI医学研究の大規模ネットワークを構築
  3. デジタルリサーチプラットフォームのOwkin – 新たに1800万ドルの資金調達

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事