医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例疾患診断へのAI活用事例「実世界の診断シナリオ」に沿った認知症診断AI

「実世界の診断シナリオ」に沿った認知症診断AI

世界規模での高齢化の進展は、認知機能障害の拡大を介して限りある医療資源への負担を増している。専門医不在下でも機能する、一定の自動診断プロセスを構築することへの期待が大きい。米ボストン大学医学部(BUSM)のグループは、患者の多角的な臨床データから認知症を評価するAI研究を行っている。

Nature Communicationsに掲載された同研究の成果によると、認知症が疑われる患者の病歴、各種ルーチン検査、神経心理学的検査、画像検査、などの多様な臨床データを柔軟に受け入れる深層学習フレームワークを開発した。このフレームワークは、正常認知機能/軽度認知障害/アルツハイマー病/非アルツハイマー型認知症を識別し、「その精度は神経科医および神経放射線科医の診断精度とほぼ同等」との検証結果を示している。

研究責任者でBUSMのVijaya B. Kolachalama博士は「典型的なAIモデルは『病気か、病気ではないか』という単純な選択を可能としてきたが、これは医師が診断を行う実際の手法とは異なる。医師は、種々の検査情報から可能性のある様々な疾患を考慮し、診断を決定する。今回の研究は、実世界の診断シナリオに近いもので、多様な神経疾患において正確な診断を行う戦略を実証した点で斬新だ。また、患者が専門診察に到達できないケースについて、我々の研究はそのギャップを埋める可能性がある」と語った

関連記事:

  1. Geisinger x エーザイ – 認知機能障害の早期発見におけるAI活用
  2. AMPERプロジェクト – 認知症患者の記憶を想起するストーリーテリングAI
  3. 2年後の認知症診断を正確に予測するAI研究

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事