医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究BCI技術加速の鍵となる「遠隔臨床試験」

BCI技術加速の鍵となる「遠隔臨床試験」

「Brain-Computer Interface(BCI)」は、脳をコンピュータと繋ぐことで、能力の補助や拡張を狙うもの。2016年にイーロン・マスク氏がNeuralink社を設立し、BCIへの参入を明らかにしたことでも話題を呼んだ。特に医学領域では、ほぼ同義であるが「Brain-Machine Interface(BMI)」の研究が長らく続いており、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の意思疎通や、四肢欠損・麻痺患者の運動支援が中心的ターゲットとなってきた。近年は、脳埋め込み型BCIデバイスの開発が加速し、深層学習技術の向上と併せて、世界的に多数の臨床試験がみられるようになっている。

Blackrock Neurotech社は21日、ピッツバーグ大学リハビリ神経工学研究所(Pitt RNEL)との新しいパートナーシップ契約の締結を明らかにした。Blackrock Neurotechが資金提供するこの新しい共同研究では、一般家庭で動作する小型で合理化されたBCIシステムを開発するとともに、遠隔でのBCI研究を拡大するための基盤整備を狙う。遠隔および実地での研究協力者募集を拡大・改善するプロセスを構築し、大規模研究の実施を可能とする。

2000年代以降、埋め込み型BCIは、脊髄損傷やその他の神経障害を持つ人々にとって希望となる、著明な能力回復の可能性を示してきた。小型電子デバイスとハードウェア、機械学習ソフトウェアで構成されるこれらのBCIシステムは、脳信号を解読してデジタルコマンドに変換し、コンピューターカーソルやロボットアームなどの外部機器を操作する能力を提供する。Pitt RNELのMichael Boninger教授は「研究者と参加者の移動負担を軽減することで、より多くの参加者を対象とした試験が可能になる。さらに多様な、安全性と有効性に関するデータを収集することができるようになるだろう」と述べる。

関連記事:

  1. Nature論文 – 脳内手書きを高速にテキスト変換するBCI技術
  2. 切断肢の末梢神経信号に基づく「直感的なAIロボットアーム」
  3. 単一ニューロンが思考する – 機械学習アーキテクチャへの巨大な示唆

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事