医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究ユーザーは「人間味ある健康アプリ」に信頼を寄せる

ユーザーは「人間味ある健康アプリ」に信頼を寄せる

AIの採用により効率的なスクリーニング・診断・治療が行われるようになっても、人間的要素が重要であることに変わりはないのかもしれない。シンガポールの南洋理工大学(NTU)のチームは、「予防医療で、同じ介入をAIと人間の専門家が促した場合、AIに対する信頼度の方が低くなる」ことを示した研究成果を発表した。

Production and Operations Managementに掲載された同研究では、韓国において健康モバイルアプリのユーザー15,000人を対象とした調査を行っている。ユーザーはアプリを通じて特定の歩数を歩くよう促されるが、そのポップアップ通知に「”AI”はあなたが今後7日間で○○歩を歩くことを推奨しています。参加しますか?」という文面と、「”健康の専門家(Health expert)”はあなたが〜」という主語部のみが異なるメッセージが表示され、対照群には、AIにも人間の専門家にも言及しない通知が行われた。その結果、ユーザーがAIの提案を受け入れる割合は、人間の専門家の場合よりも有意に低かった。また、AIによる介入に「人間の専門家による意見と組み合わせたこと」を強調したり、目標設定について「どのようにAIが使用されたかを説明し、アルゴリズムの透明性を高めること」によって、ユーザーの受容度合いが高まることも明らかにした。

研究を主導したHyeokkoo Eric Kwon氏は「AIがより質の高い介入を提供する可能性があっても、人間の専門家による意見より信頼度が低くくなることが明らかになった。健康へのAI介入がさらに増えても、人間的要素は依然として重要と言え、取って代わるのではなくAIが人間を補完するときに最もうまくいくことが示されている」と語った。なお本研究は、「テクノロジーが人類に与える影響」などの課題に取り組むNTUの5カ年戦略計画「NTU2025」のもとで実施されている。

関連記事:

  1. Intelerad社 – 医療画像用AIに対する患者の信頼度調査
  2. ヘルスケア幹部の4人に3人が「管理プロセスの自動化でAIを信頼」
  3. AIアシスタントを医療者はいつから信用できるのか?

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事