Intelerad社 – 医療画像用AIに対する患者の信頼度調査

新しい医療AIツールが導入されるにあたって、一般患者の感覚および意見に関する調査は未だ乏しい。米国の医療画像処理ソフトウェア企業「Intelerad社」は、最新の調査で「医療AIに対する患者の姿勢と、AIの利用実態」を明らかにしている。

Intelerad社は、2021年7月に、医療画像サービスを受けたことがある18歳以上の米国人1,094名を対象としたオンライン調査を実施した。その結果、回答者の64%が「AI単独の画像診断」に「信頼か中立」の立場を示した。さらに「AIが支援した放射線読影医の診断」に79%が「信頼か中立」と回答した。特に55歳以上の回答者はAI単独(22%)よりもAI支援(59%)を信頼する傾向を示していた。AIへの信頼度は年齢との相関がみられ、若年者ほど信頼が強まる傾向を示した。また、回答者の60%は、5年後にはAIが放射線科業務の「半数以上」を行うようになると考え、20年後には回答者の75%がそのようになると考えていた。さらにAIがサービスの100%を占めるようになると考える回答者は、5年後で8%、20年後で19%という結果であった。

InteleradのMorris Panner代表は「我々の最新の調査は、医療画像診断分野の技術に関する患者の考えを聞く、という新しい側面を提供している。この知見は、AIサービスをいつ・どのように導入すべきかという現場の意思決定にも役立つものだ」と語った。

関連記事:

  1. 医療AIに対する患者の見解
  2. ヘルスケア幹部の4人に3人が「管理プロセスの自動化でAIを信頼」
  3. 医療AI開発と社会実装への市民参加

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事