医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例疾患予防へのAI活用事例MySurgeryRisk - 手術合併症を正確に予測するAIシステム

MySurgeryRisk – 手術合併症を正確に予測するAIシステム

米フロリダ大学の研究チームは、外科手術に際する各合併症の予測情報と、予測に至った要因を明らかにするAIベースのリスク予測システムを開発した。本システムは医師による治療・管理の支援を目指すもの。

MySurgeryRiskと呼ばれるこのプラットフォームでは、電子カルテから患者の臨床データをリアルタイムで自動取得し、術後合併症の高精度な予測情報を医師のモバイル端末に配信することができる。約58,000人の成人患者を含む74,000件以上の外科手術から得られたデータを使用し、予測モデルは構築されている。このほど、JAMA Network Openから当該システムにおける予測精度の検証結果が明らかにされた。属性情報、理学所見、処方歴、検査結果を含む最大135の変数を用い、100症例についてMySurgeryRiskの手術合併症予測性能と、外科医によるマニュアル予測を比較した。神経学的合併症、せん妄、敗血症、人工呼吸器利用など、重要な合併症の予測で外科医と同等水準であることを明らかにしており、特に静脈血栓の予測については、外科医よりも大幅に優れた予測能力を示していた。

平均的な米国人は、一生のうちに7回の外科手術を受けるとされ、毎年約150万人の米国人患者が手術による合併症を経験する。術後合併症は手術の32%で発生し、主要な合併症は11,000ドル程度の追加費用がかかると、研究者らは指摘する。著者らは「MySurgeryRiskシステムは、外科医の技術・経験を補強するだけでなく、意思決定を迅速化することができる。また、手術の計画中により高いリスクを発見することで、手術が本当に適切かどうか、医師患者間の会話を促すこともできるだろう」とする。今後、人工呼吸器のモニターや麻酔器からの情報など、手術合併症に関連する可能性のある追加的データポイントの設定により、さらなる精度向上を目指している。

関連記事:

  1. 外科手術後の重篤な合併症を予測するウェブベースのAIツール
  2. 整形外科手術後の急性腎不全を予測するAI研究
  3. 小児静脈血栓塞栓症のリアルタイムリスク予測モデル

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事