医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例AIを巡る医療経済・政策ヘルスケア幹部の4人に3人が「管理プロセスの自動化でAIを信頼」

ヘルスケア幹部の4人に3人が「管理プロセスの自動化でAIを信頼」

OptumによるヘルスケアAIに関する年次調査で、ヘルスケア関連企業の幹部における実に4人に3人が「臨床業務以外の事務処理など、管理プロセスの自動化においてAIを信頼している」事実が明らかにされた。

同社が15日明らかにしたところによると、今回の調査では病院や保険会社、ライフサイエンス企業などに勤務する上級管理職500名を対象としたという。調査から得られた他の主要な知見は下記の通り。1. 回答者の96%が「AIは健康の公平性に資する」とし、94%が同時に「医療においては責任を持ってAIが使用されるようにする義務がある」とする 2. AI関連のパートナーシップについては89%が「AI技術特化企業よりも、データや分析に特化した企業との提携」を望む 3. 実に85%が「AI戦略がある」、48%が「実際にそれを実行している」と回答 4. AIに期待する可能性として41%がバーチャルケア、40%が診断と予後予測の改善、さらに医療画像解釈などが続いた。

「健康増進を見据えたAIに対する熱意」は業界としても十分である一方、組織として導入を進めるには収益性の高いものや、リスクの少ない非臨床領域の効率化が優先される傾向があるなど(過去記事)、まだその活用は黎明期の域を出ない。ただし、ヘルスケアのリーダー達が眺む未来には、確かに「AIの存在」がそこにある。

関連記事:

  1. RSNA 2021 – 放射線科におけるAI導入の現状と課題
  2. ヘルスケアAI市場は2027年までに345億ドルに到達
  3. Amazon – ヘルスケア参入までの足取り
  4. ヘルスケアにおけるGoogle Cloudの加速

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事