医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例AIを巡る医療経済・政策ヘルスケアAI市場は2027年までに345億ドルに到達

ヘルスケアAI市場は2027年までに345億ドルに到達

25日、Global Market Insights Inc.が公表した調査報告によると、ヘルスケア領域におけるAI市場は2027年までに345億ドル(約3.9兆円)に達するという。ヘルスケアAIは、診断支援、治療計画の設計と最適化、反復作業支援、投薬管理、創薬、予後予測など、多分野に重要な変革をもたらした。また、AI開発・利用を前提としたデータの収集・保存・正規化の加速により、ヘルスケアデータ管理に大幅な改善がみられている。

同社の報告によると、地域別ではアジア太平洋地域のヘルスケアAI市場における急速拡大を予測しており、これは大規模な患者プールの存在によるとする。具体値として2027年までに、約36.1%もの成長率を見込む。また、分野別ではバーチャルアシスタントのさらなる普及を予測し、2027年までに32.6%の市場成長と47億ドル規模到達を見込んでいる。患者満足度および医療の質的向上、限られた医療者数での患者転帰改善などが、主要なバーチャルアシスタントの利点と考えられ、これらは直接的にヘルスケアプロバイダー側の業務フロー、および患者の受診体験を改善するため、技術利用への心的障壁が小さい。

業界の主要プレーヤーは市場での存在感を高めるため、買収・事業拡大・新製品開発など様々な戦略に注力し、来たる巨大市場での飛躍を狙う。

関連記事:

  1. 医療AI市場のCAGRは42.8%の高水準へ
  2. Microsoftの医療AI進出 – Nuanceを197億ドルで買収
  3. Alphabet傘下Verily – 臨床試験管理システムのSignalPath社を買収
  4. 病理AIの飛躍へ – PathAIが大規模検査会社を買収

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事