ヘルスケアにおけるGoogle Cloudの加速

米ニュージャージー州エジソンを拠点とするHackensack Meridian HealthとGoogle Cloudはこのほど、両者のコラボレーション拡大を発表した。これにより、17の病院を含む500の施設においてGoogle Cloudの利用が開始される。Googleは医療AI開発に関して、さらなるサービス開発の足がかかりを得た形となる。

Googleが明らかにしたところによると、順次、同施設群における臨床データおよび業務データをGoogle WorkspaceとChrome Enterpriseプラットフォームに移行するとともに、AIに関する提携を強化する。Hackensack Meridian Healthは「GoogleのAIツールキットをスクリーニングや診断などの主要な臨床分野に適用し、ニュージャージー州の医療のあり方を変革する」ことを目指す。既にこれまで、同ヘルスケアプロバイダーにおけるパンデミック中のリモートワーカーをサポートするため、約3,000台のChromebookにCitrixを搭載し、医療の中核となるアプリケーションへの安全なアクセスを実現している。実際、遠隔医療の提供件数は、2019年には約8,600件であったのに対し、2020年には約200,000件までに増加したとする。

Hackensack Meridian Healthで医療統括責任者を務めるDaniel Varga医師は、「この協力により、患者ケア・治療精度・臨床転帰が改善されるとともに、効率性が向上し、医師が救命のための研究や患者のケアにより多くの時間を割くことができるようになる」と述べている。Googleは大規模データに基づくさらなるAIサービス開発と検証の機会を得て、ヘルスケアセクターにおける存在感を堅実に強めている。

関連記事:

  1. 米大手ヘルスケアプロバイダーとGoogle Cloudの提携
  2. Googleアシスタントは薬品名をより正確に理解する
  3. Google – スマートフォンカメラから皮膚疾患を識別するAIアプリケーション
  4. Google – ミネソタ州の新拠点でメイヨークリニックとの連携を強化

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事