米大手ヘルスケアプロバイダーとGoogle Cloudの提携

米国有数のヘルスケアプロバイダーとして知られるHCA Healthcareは、テネシー州ナッシュビルに本拠を置き、米20州および英国に186の病院と手術センター、ER、救命救急センター、診療所などを多数展開する。1968年の設立以来、患者ケアに焦点を当て積極的に新しい病院モデルを模索し続けてきた。このHCA Healthcareはこのほど、Google Cloudとの新規パートナーシップを締結した。

HCA Healthcareが26日明らかにしたところによると、このパートナーシップはHCAの安全で動的なデータ分析プラットフォームの作成をサポートし、医療の質的向上を前提とした臨床ワークフローの最適化、およびデータドリブンで効果的な意思決定支援の実現と強化を目指す。HCAは既に9万台に及ぶモバイルデバイスを実臨床導入しているが、Google Cloudとの提携によって医師・看護師などの医療者は「ワークフローツール・アラート・分析」といった各機能をこれらデバイスを通して利用可能となり、患者の状態変化にも迅速な対応が可能となる見込み。

HCAのCEOであるSam Hazen氏は「我々はGoogle Cloudとイノベーションへの情熱を共有しており、このパートナーシップを我々の今後の取り組みの基盤と考えている」とする。Google CouldでCEOを務めるThomas Kurian氏は「データの相互運用性を推進する上で、クラウドは医療の革新を促進し得る」として、臨床ケア向上の前線に立つ意気込みを明らかにした。

関連記事:

  1. オランダ最大級の病理検査機関Pathan – 病理診断AI開発でAiforiaと提携
  2. Google – ミネソタ州の新拠点でメイヨークリニックとの連携を強化
  3. Googleアシスタントは薬品名をより正確に理解する
  4. Google – スマートフォンカメラから皮膚疾患を識別するAIアプリケーション

前の記事IVF Life Group – 欧州で初めて「AIによる胚選択」を臨床導入
次の記事AI病理診断の雄「Ibex」 – 乳がん診断で欧州CEマーク取得
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。