医療AI市場のCAGRは42.8%の高水準へ

ヘルスケアにおけるAIの急進は言うまでもないが、最新の市場調査はこれを裏付けている。Allied Market Researchによる直近の報告では、医療AI市場は2027年までに99.5億ドル規模(約1.1兆円)に達し、その年平均成長率(CAGR)は42.8%ともなるという。市場規模の推定値は各社大きな隔たりがあるが、その成長速度が急激であることは一貫している。

Allied Market Researchがこのほど明らかにしたところによると、2019年段階では48.3億ドル規模とされた同マーケットは、あらゆる医療シーンにおけるAI導入が進む現状を反映し、急速な拡大傾向を示しているという。医療AI市場におけるアルゴリズム別分析では、自然言語処理セグメントが2019年から引き続き、2027年まで最大シェアを維持するとのこと。

精密医療の加速と同領域への投資急増は、グローバルAIの成長を後押しし、ヘルスケアにおけるビッグデータ収集環境の充実と利用機会増が市場の成長を補完している。

関連記事:

  1. 2030年までに精密医療市場は7388億ドル規模に
  2. ヘルスケアAR・VR市場は2025年までに51億ドル規模に
  3. 米国放射線科医の約30%がAIを使用 – 2020年ACR調査
  4. Amazon Careの激震
  5. Amazon Care – 忍び寄る遠隔医療業界の「Xデー」

前の記事肺がん免疫療法への治療反応性を予測するAIモデル
次の記事冠動脈CTAのAI解析「Cleerly」 – 4300万ドルのシリーズB資金調達
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。