AIアルゴリズムが途上国の人々を失明から救うか

Photo by iStock

Googleが立ち上げたバイオベンチャー・Verilyは、独自に開発した糖尿病性網膜症診断AIシステムの有効性検証を、インドの医療機関の協力を得て大規模に進めている。インドでは、総人口13億人に対して医師が100万人しかいない。貧弱な医療提供体制をAIによって改善できるかにも、大きな注目が集まる。

The Guardianの報道によると、このAIシステムは、2016年からの実臨床での検証とアルゴリズム改善により、現在では97%を超える精度で糖尿病性網膜症を診断できるという。眼科専門医のRamasamy Kim氏は「人間の医師と同等の診断能力を持つばかりか、ごく早期の人目には分からない変化も捉えられる」と実用性を高く評価する。

糖尿病性網膜症は主たる失明原因の1つであるが、自然に軽快することはなく、早期発見・早期治療が非常に重要となる。したがって、医療体制が整わず受診機会が乏しい途上国においては、同疾患による失明は増加の一途をたどっている。米The Wall Street Journalは、インドでは失明後に来院するケースが後を絶たないことを指摘し、僻地でのスクリーニング施設設立の必要性も報じている。

前の記事英大学 卵巣がん患者の治療効果・生命予後をAIで予測
次の記事独FotoFinder Systems 皮膚病変の悪性度を識別するAIシステムを開発
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。