ブラウン AI電動歯ブラシを開発

Photo by iStock

近年、歯周病と糖尿病の関係が指摘されるなど、口腔ケアは全身疾患に対する予防的見地からもその重要性を増している。電気シェーバーや電動歯ブラシで知られる独ブラウン社は、AI技術によって個人ごとの歯磨き効果を最大化できる製品を開発し、今夏の販売開始を予定している。

PC Magazineの報道によると、ブラウン社の新しい電動歯ブラシ・Genius Xは、同社が保有する数千人に及ぶ詳細な歯磨きデータから構築されたAIアルゴリズムを搭載するという。Genius Xはスマートフォンと接続することで、ブラッシングできた範囲、ブラッシング時の圧力、ブラッシング速度などを確認することができ、アプリからのアドバイスに従うことでより高いブラッシング効果を求めることができるとのこと。

日本のように歯科診療が広く医療保険でカバーされているケースは世界的にも珍しく、正しい口腔ケア知識の啓蒙は先進国であっても遅れがちである。個人のくせやブラッシングスタイルを学習し、個別に適切なアドバイスを与えられるのであれば、デンタルヘルス全体にもたらすインパクトも決して小さくないだろう。

前の記事中国広東省の医療機関 眼科疾患スクリーニングAIを実用化
次の記事画像から腕の骨折を識別するAIアルゴリズム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。