医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療システム・医療問題へのAI活用事例Yidu Cloud 『中国全土で病院間の医療データを統合』 - 中国 国際ビッグデータ産業博覧会2019から

Yidu Cloud 『中国全土で病院間の医療データを統合』 – 中国 国際ビッグデータ産業博覧会2019から

中国南西部、貴州省の省都・貴陽市(Guiyang)で、ビッグデータ産業博覧会(Big Data Expo)が2019年5月に開催された。ビッグデータ先進地域として急成長した同市で5年目を迎えた博覧会は、GoogleやDELLなど海外156社が出展、過去最大の企業数448社の盛況のなか閉幕した。関係者からはヘルスケアにおけるAIの成長可能性が改めて強調されたという。

中国メディアGlobal Timesによると、Yidu Cloudは出展企業のひとつで、中国25の省で700以上の病院から3億人以上の患者データをクラウドベースで集積し、自然言語処理で分析している。創設者で会長のGong Rujing氏は「中国の実臨床での情報の安全性と法整備には、諸外国と比較し更なる努力が必要だ。米国との間で増す圧力によって協力の扉が閉じられるべきではない。私たちは米国FDA水準を設定してきた」とインタビューに応じている。

医療データ処理は、米国においては一握りの企業での寡占が進む一方、中国では約4000社が乱立しているという。中国メディアtechnodeの報道では、Yidu Cloudが3年間収益ゼロで米国水準のシステムに1億ドルを投資した経緯や、システム確立に難渋した英国NHSとの対話交渉など国際進出の動きも紹介されている。対HUAWEI制裁など不安定な情勢の中、同社の次の一手にも注目したい。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事