AidocとZebra Medical Vision AI画像診断ツールでFDAの認可を追加取得

Photo by iStock

AI画像診断ツールの開発競争で存在感を強めるイスラエルのスタートアップ2社、Aidoc(過去記事)とZebra Medical Vision(過去記事)は当メディアでも繰り返し紹介してきた。FDA(アメリカ食品医薬品局)からの認証ペースを早め、先頭集団を走る2社は、2019年6月にも続々と認可を受けている。

mobi health newsの報道によると、今回Aidocは『頸椎骨折』に関して、一方Zebraは『脳出血』でFDA認証を受けた。2社の製品は、①核となるソフトウェアが院内の業務の流れに組み込まれる利便性、②対象となる病気の追加、あるいはオールインワンとしてパッケージ購入できる拡張性や自由度、以上の点で定評がある。

AI画像診断ツールは、ひとつの疾患をゴールに設定する時期を過ぎ、製品の実用性・拡張性・アップデートの速度が重視されてきている。一方で、FDAが認める製品の安全性とは別に、AI技術が真の意味で医療に貢献するかどうか、妥当性の検証など課題は山積みである。それに対して業界全体が真摯に取り組む姿勢も遅れをとってはいけないだろう。

前の記事米国医師会『医療AIの責任は開発者が負う方針』を採択 – AMA 2019年次総会から
次の記事Microsoft – インド人の心疾患リスクを探る取り組み
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。