米メイヨークリニック 英国進出の鍵は「AIを活用した予防医療の加速」

メイヨークリニックは米国病院ランキングトップの常連で、世界中から患者が集まり1兆円を超える年間売上をあげるなど、ヘルスケアプロバイダー界の巨人として知られる。医療の質の高さは言うに及ばず、独自の強力な経営戦略はたびたび話題を集める。今月、メイヨークリニックは初めての英国進出を果たすが、この鍵は「AIによる予防医療の加速」にありそうだ。

3日、Healthcare IT Newsが報じたところによると、英ロンドンに開設される新しいクリニックは、メイヨークリニックとオックスフォード大学との共同事業であるという。プライマリケアの充実・医学研究の促進・患者アウトカムの向上などを設立の目的に挙げているが、積極的なテクノロジー導入による予防医療の拡充にも大きな関心を持つ。開設されるクリニックではCerner社の電子カルテが導入されるが、同社はAmazon(特にAmazon Web Services: AWS)との積極的な協力体制を7月に表明しており、CEOのBrent Shafer氏は「Cernerがもたらす次なるヘルスケアイノベーションの核はAIにある」ことを隠していない。

英国は国民保健サービス(NHS)による中央管理的な医療提供体制のもと、総合診療医(GP)による強固なゲートキーパー機能を確立した。近年の医療費高騰を背景に予防医療に対する政府の関心は非常に高く、プライマリケアレベルへのテクノロジー導入によって有効に医療費を抑制できるかにも大きな注目が集まっている。

前の記事インド政府は結核撲滅にAI活用を推進
次の記事BioBase – 精神疾患予防に取り組む医療AIアプリの事例
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。