空からお薬 – ドローンによる医薬品デリバリー

Photo by iStock

いわゆる”last-mile”(物流の最終区間)は、配送の効率化を阻害する要因となりやすい。僻地など交通網の発達が十分でないエリアにおいては、last-mileが医薬品供給の深刻な問題となってきた。近年、ドローンを活用した新しい医薬品配送システムの構築を目指す地域がある。

Modern Diplomacyが報じたところによると、インドのテランガーナ州政府は、地域コミュニティの医療アクセス向上のため、ドローンを利用した医薬品配送システム構築を模索してきたという。拠点からのlast-mile配送にドローンを利用する大規模プログラムの実施を予定しており、配送されるのは医薬品だけでなく、血液や医療サンプルも含まれる。インドの病院チェーンで知られるApollo Hospitals Groupが、世界経済フォーラムと共同で開発したフレームワークを採用しており、本プログラムはドローン配送におけるパイロットプロジェクトとしての役割も果たすとみられる。

情報技術担当大臣であるK.T. Rama Rao氏は「テランガーナは、市民の生活改善を目指した技術利用に関しては、常にパイオニアであり続けた。ドローンを利用し、僻地など交通アクセスが不良なエリアに医薬品を届けることは、社会的にも極めて善と言える技術利用プロジェクトだ」としている。

前の記事AIの進展にアジアの学生は何を想うか? – QS AI Report 2019
次の記事AIを攻撃する3つの代表的ハッキング手法 – 機械学習全盛期を迎えて
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。