急成長する糖尿病管理AI – 北米マーケットが先導

市場調査を手がける米MarketResearch.bizは、近年急成長がみられる糖尿病管理AIに関するトレンド分析、2027年までの成長予測などをまとめたレポートを公表した。

同社がこのほど公開したレポート“Global Artificial Intelligence in Diabetes Management Market Analysis Trends, Applications, Analysis, Growth, and Forecast to 2027”では、同領域のキープレーヤーやサプライチェーン、技術革新と主要な製品に対する分析など多岐に渡る情報をカバーする。特に地域分析によると、糖尿病管理AIに関しては北米市場が現在の最大勢力であるが、この優位性は引き続き保たれることを予想する。その理由として、発達したインターネットインフラや医療セクターへの政府支出の増加、主要企業の存在などが挙げられる。

糖尿病管理AIとしては、日々の血糖測定・管理を向上させるウェアラブルデバイスや、インスリン投与量をAIによって最適化するアプローチなどが多数示されるようになった。近年では、心電図波形から低血糖イベントを検出するなど(過去記事)、ヘルスケアにおけるAIの台頭は糖尿病管理を全く新しいものへと変容させようとしている。

前の記事最新スマートトイレを科学する – スタンフォード大学医学部
次の記事「TraceTogether」COVID-19濃厚接触の追跡 – AppleとGoogleは技術協力へ
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。