米Careline Health Group – ホスピスケアへのAI利用

米国ミネソタ州に本拠を置くCareline Health Groupは、終末期にある患者とその家族に多面的な医療サービスを提供している。同グループはこのほど、Muse HealthcareのAIテクノロジーを取り込み、患者ニーズを満たす予測ツールを全面導入することを公表した。

Muse Healthcareが3日明らかにしたところによると、同社のAIツールは患者のリスク層別化のため、臨床所見や投薬状況、バイタルサイン、その他の臨床情報を網羅的にモデル化・評価することができるという。介入の必要性が最も高い患者を視覚的にハイライトし、医療者に追加ケアの実施を促す。また、在宅や施設など、患者の所在と身体状況に基づき、適切なケア計画の変更を行うことができる。

Careline Health GroupのCEOであるJoe Mead氏は「Museのテクノロジーを利用することで、人生最後の数日間を見逃すことなく、適切な訪問を確保することができる。私たちの使命は、患者とその家族が我々を最も必要とする時、そこにいることだ」とし、先端テクノロジーによるホスピスケアの質的向上に大きな期待を示している。

前の記事機械学習で膵臓がんの検診スクリーニングが現実的になるか?
次の記事医学雑誌の利益相反を検出するAI – 予期せぬ傾向を特定
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。