Google – COVID-19対策としてのAI開発・データ解析プロジェクトに850万ドルを超える支援

大学やNPOを含むあらゆる学術研究機関がCOVID-19対策のため、AI開発とデータ解析に目を向けている。COVID-19の診断や治療に直接資する知見の導出だけではなく、特に感染に脆弱な集団や医療従事者への影響などを捉えることで、疾患理解を深めようとする。Googleはこれらの取り組みを支援するため、世界31の組織に850万ドル以上の寄付を実施している。

Googleが10日明らかにしたところによると、対象となった研究カテゴリは「疾患モニタリングと拡散予測」「健康格差改善とパンデミックによる二次影響の最小化」「接触追跡と環境センシング」「医療従事者サポート」 であるという。それぞれ10前後の学術研究機関に対して寄付が行われており、米国拠点の組織が最多で、スタンフォード大学やプリンストン大学、カリフォルニア大学バークレー校、グラッドストーン研究所、ボストン小児病院など、英国からはロンドン大学ユニバーシティカレッジやオックスフォード大学、その他地域からイスラエルのテルアビブ大学やインド工科大学などが挙げられている。日本からは1機関、慶應義塾大学が名を連ねる。

前の記事Novartis – COVID-19パンデミックからの離脱にヘルスケアAIがなぜ重要か?
次の記事CheXaid – HIV患者における結核診断支援AI
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。