「交通AI」がCOVID-19パンデミック中の食糧不安を軽減する

米カーネギーメロン大学ロボティクス研究所の研究チームは、コミュニティにおける非営利団体が「COVID-19パンデミック中において食糧危機にある人々」に対して、効率的に食べ物を届けるバスルートを作成するための機械学習ツールを開発した。

同大学が先週行ったニュースリリースによると、この配食プログラムは7月に始まっており、毎月6,000食が届けられているという。米ペンシルベニア州南西部に位置するピッツバーグのダウンタウンから出発し、コミュニティ内に所在し食糧不安を抱える家庭・学校を巡るこのバスは、スケジューリング・運転経路・駐車位置などを「最大多数に届ける」観点から機械学習アルゴリズムによる最適化が進められている。

研究チームのコアテクノロジーは「交通AI」で、これまでに、効率的な除雪ルートの策定アルゴリズムや交通信号最適化システムなどを開発してきた。後者は研究チームからのスピンオフとして、Rapid Flow Technologiesによるプロダクト化を経て、現在はピッツバーグを含む北米8つの都市で実際に運用されている。社会実装を前提としたインパクトある研究開発に努める同チームには、米国内外からの大きな注目が集まっている。

関連動画:Machine Learning Helps Deliver Meals to Pittsburgh-Area Families

前の記事難聴の種類をオージオグラムから自動診断するAI
次の記事AIが体軸性脊椎炎における仙腸関節のX線評価を変革 – 米国リウマチ学会年次総会より
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。