痛みを数理モデルで解釈する

原因と症状パターン、緩和と増悪など、疼痛を巡る一連の現象を一元的に説明し得る理論は未だ得られていない。多くの研究が疼痛管理を目的とした標的分子を追っているが、数理モデルを用いた疼痛の病因探索や作用メカニズムの探求は非常に限られている。スウェーデンのチャルマース工科大学とヨーテボリ大学などの研究チームは、疼痛への数理モデルアプローチについての系統的レビューを公開した。

Pain Medicineから29日公開されたチームの研究論文によると、調査対象となったのはScience DirectとPubMedの両論文データベースで、2020年以前の560報が関連論文としてピックアップされた。このうち、31報については「痛みを直接数理モデルで解釈」しようとする論文としてレビュー対象となっている。結果、ほとんどの対象論文が既存の機械学習アルゴリズムを用いることで「疼痛の有無」を識別しようとすることに焦点を当てたもので、診断や治療を念頭に置いた疼痛の性質分析や量的評価に寄ったものはほぼ確認されていないとする。

数理モデルの利用は、疼痛の発生機序となる仮説的メカニズムに対して実データによる実証試験も可能とすることから、疼痛の現象理解を強化・促進する可能性が高い。疼痛の診断・治療・予防におけるブレイクスルーに資するアプローチとして、今後の各方面からの取り組みが期待される。

関連記事:

  1. 豪PainChek – 表情分析AIアプリで認知症高齢者の痛みを代弁
  2. NLPとAI – 患者フィードバック解析についてのシステマティックレビュー
  3. AIによる肝細胞がんの予後予測 – システマティックレビュー
  4. ClearUPのFDA承認 – 微弱電流で鼻詰まりを解消する小型デバイス

前の記事唾液タンパク質データベースが個別化医療を変革する
次の記事世界禁煙デー2021 – WHOの禁煙支援デジタルツール提供
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。