COVID-19後に心血管疾患リスクが増加

COVID-19の合併症は種々明らかにされているが、「急性期を過ぎた後の心血管症状」についての仔細は明らかにされていない。米ワシントン大学医学部および退役軍人協会セントルイス医療システムの研究者らは、大規模データセットに基づく調査結果を明らかにした。成果はNature Medicine誌からこのほど公開されている。

7日公開されたチームの研究論文によると、研究チームは、米国退役軍人データベースを用い、COVID-19患者153,760名のコホートと2セットの対照コホートを構築し、感染後1年間での心血管疾患発症リスクを推定した。結果、COVID-19発症者は感染後30日以降、脳血管障害や不整脈、虚血性心疾患、心膜炎、心筋炎、心不全、血栓塞栓症など、いくつかのカテゴリーにわたる心血管疾患の発症リスクが有意に増加することを示した。

著者らは、これらの結果が「感染症の急性期に入院していない人」でも明らかであること、さらに、急性期の治療状況(非入院、入院、集中治療室への入院)に応じて段階的にリスクが増加することに言及している。これらを踏まえ、COVID-19の急性期エピソードを生き延びた人々のケアにおいて、心血管疾患リスクに対する注意を払う必要があることが強調されている。

関連記事:

  1. 呼気から新型コロナウイルス感染を高精度識別
  2. 医療スタッフを助けるCOVID-19検体採取ロボット
  3. COVID-19は「臨床医が電子カルテに費やす時間」をさらに長くさせた
  4. 豪メルボルンの健康ビッグデータが示す「COVID-19による受診行動への影響」
  5. 連合学習によるCOVID-19関連研究

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事