医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療システム・医療問題へのAI活用事例豪メルボルンの健康ビッグデータが示す「COVID-19による受診行動への影響」

豪メルボルンの健康ビッグデータが示す「COVID-19による受診行動への影響」

COVID-19を抑え込むために厳格なロックダウンが行われた際の、医療機関への受診行動に与える影響が各種ビッグデータから解析・総括されてきている。2020年に2回の厳格なロックダウンが行われたオーストラリア・メルボルンにおいて、医療サービスへの影響を調査した研究成果が発表されている。

Journal of Epidemiology in Community Health誌に掲載された、豪モナッシュ大学による研究成果によると、大学内に設置されているヘルスケアデータベース「Healthy Ageing Data Platform」から、メルボルンのFrankston-Mornington Peninsula地域の救急外来受診・急性期入院・亜急性期入院の分析を行っている。人口約28万人の同地域は多様な年齢層と社会経済的背景を有し、医療の大部分を「Peninsula Health」という単一のサービスを通じているため、医療における動態調査に関して理想的な環境にある。過去4年間の受診データをもとに、Seasonal and Trend decomposition using Loess(STL)という手法から「COVID-19が発生しなかった場合の2020年の受診状況」を予測し、実際の受診状況と比較分析した。その結果、ロックダウンが行われた感染の第1波・第2波ともに、予測患者数に対して実際の受診は大幅に下回っていた。特に80歳以上と18歳未満の患者で最も顕著な減少がみられていたという。また、緊急性の高いトリアージ「カテゴリ1」と緊急性のない「カテゴリ5」では予想範囲のレベルで受診数が推移していた。

これらの結果は、メルボルンの厳格なロックダウンにおいて、「ロックダウン以前に救急外来を頻繁に利用していた患者層が在宅健康管理にシフトしたこと」や、「市民は生命に関わる症状については支障なく受診ができたこと」が示唆されている、と研究チームは考察する。本研究は、2020年のロックダウンが医療サービスにどのような影響を与えたか、正確かつ包括的な調査として高水準のエビデンスを示す。地域ベースのビッグデータが応用される方向性を示した好例としても、今後の研究発展が期待される。

関連記事:

  1. COVID-19がメンタルヘルスに与える影響
  2. 新型コロナウイルスによって急増する外来受診者数 – バーチャルケアの可能性
  3. Amazon HealthLake – 患者情報の標準化と医療ビッグデータ分析の大本命へ

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事