新型コロナウイルスによって急増する外来受診者数 – バーチャルケアの可能性

遠隔診療をはじめとした「バーチャルケア」のグローバルリーダーとして知られる米Teladoc Healthは、新型コロナウイルス感染症への懸念から米国で急速に増加する外来受診者数に関連し、同社プラットフォームの利用者も急増していることを公表した。

Teladoc Healthの発表によると、同プラットフォームでは先週1週間に100,000件ものバーチャル診療を提供しており、実数として前週比で50%増であるという。インフルエンザの流行ピーク時の需要さえ日々上回るが、これは広範な医療提供体制への負担軽減にも直結する。米政府の公衆衛生当局は、国民にバーチャルケアサービスの利用を奨励する背景もあり、今後も需要の加速は続くと考えられる。

一般的に、コミュニティの医療システムは突発的な受診者数スパイクに脆弱で、不測の感染症アウトブレイクによって過度の圧力を受けた場合、早晩に瓦解してしまう恐れがある。バーチャルケアはこのような医療システムへの負荷を緩和するとともに、患者集積によって医療機関が感染源となるリスクを避けることもできる。今後同様のプラットフォームへの関心と有効性の再認識は強まっていくに違いない。

前の記事ディープラーニングロボットが採血と点滴を変革する
次の記事スマートグラスが切り拓く視覚障害者支援 – 蘭Envisionの最新AI
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。