青少年の抗うつ薬治療効果を予測するAI研究

小児〜青少年期のうつ病治療に抗うつ薬を用いる場合、副作用を最小限に抑えながら十分な治療効果を得ることが、長く続く治療における負担の軽減にとって重要となる。米メイヨークリニックのグループは「AIを用いた青少年の抗うつ薬治療効果を予測する研究」に取り組む。

The Journal of Child Psychology and Psychiatryに発表された同研究では、小児および青少年期のうつ病患者に対し、2種の抗うつ薬、fluoxetine(日本国内未承認)およびduloxetine(商品名サインバルタ)による治療を行った臨床データセットを対象としている。データセットには、6つのうつ病症状(楽しむことの困難さ、引きこもり、過度の疲労感、過敏性、低い自尊心、抑うつ感情)をChildren’s Depression Rating Scale-Revised(CDRS-R)と呼ばれる尺度で評価した内容が含まれている。そのデータセットに機械学習手法を適用することで、「4〜6週目の評価尺度」から「10〜12週間後の治療成績」を予測するアルゴリズムを構築した。その結果、fluoxetineで精度73%、duloxetineで精度76%の予測性能を示すことができた。

メイヨークリニックのインタビューに対し、本研究の主執筆者であるArjun Athreya博士は「治療の中間地点において現状の用量から治療の有効/無効を推測する、という臨床医の論理を模倣するようにアルゴリズムを設計した」と説明している。

関連記事:

  1. Affect.AI – うつ病患者の音声変化を追跡する機械学習ツール
  2. 難聴の社会的背景からうつ病を予測するAI研究
  3. 産後うつ病を予測する機械学習アルゴリズム
  4. Huma – iPLATO Healthcareを買収
  5. AIでメンタルヘルスを指標化する取り組み

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事