医療AIへの保険償還

米ペンシルベニア大学などの研究チームは、医療AIに対する保険償還の現行モデルをレビューし、これからの「医療AIに対する支払い設計」に関する提言を行った。本コメンタリー論文は、npj Digital Medicineから20日公開された。

チームの論文では、「従来の非AI医療機器の経験から、機器使用ごとの保険償還はAIの使い過ぎにつながる可能性があること」を指摘した上で、量ではなく成果をインセンティブとすること、新しいAIアプリケーションに対する事前市場コミットメントと期間限定償還の活用、相互運用性とバイアス緩和への報酬など、5つの代替・補完的な償還アプローチを解説している。

AIの日常診療への統合が進むなか、費用対効果と公平性を最大化しつつ患者アウトカムを改善するためには、医療AIへの支払い設計の最適化が不可欠となっている。AI医療機器への償還は、AIの普及を促進することも発展を阻害することも考えられるため、これらの議論は日本におけるAI医療機器の取り扱いを検討する上でも重要な知見となる。

関連記事:

  1. Apixio – 保険者による支払承認を自動化するAIシステム
  2. 患者が抱く「医療AIへの6つの想い」
  3. 適切なワクチン配分へ – 意思決定分析モデルによる最適割付

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事