医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究「小児救急外来でのAI活用」を保護者は受け入れるか?

「小児救急外来でのAI活用」を保護者は受け入れるか?

急性期医療の現場でのAI利用が進むなか、小児科領域でも研究報告・活用事例が増え、関心の高まりをみせている。小児医療の意思決定に重要な役割を持つ親・保護者が、AIツールの利用をどの程度受け入れているか、米シカゴのアン・アンド・ロバート・H・ルーリー小児病院で調査が行われた。

本研究成果は、Academic Pediatricsからオンライン公開されている。救急外来を受診した「呼吸器疾患を有する小児」を対象として、1,620名の保護者に調査を行ったところ、概して「多くの保護者が小児臨床へのAI利用を受け入れる結果」が示された。保護者が「不快感を示さないAI利用シーン」の内訳として、抗菌薬投与の必要性(77.6%)、血液検査の必要性(76.5%)、放射線画像の解釈(77.5%)が挙がっている。また、白人の非ヒスパニック系の親に比べ、黒人の非ヒスパニック系の親の方がAIに不快感を示した。さらに、46歳以上の保護者に比べ、18-25歳の若年世代の保護者の方がAIに不快感を示していた。

インタビューに対し、著者で小児救急医のSriram Ramgopal氏は「AIが小児科の日常臨床に導入されるのは必然の流れだ。本研究の結果から、小児急性期医療におけるAIツールの開発には、多様な層の親・保護者を巻き込み、彼らがテクノロジーに慣れるとともに、意図せぬバイアスがAIツールに含まれぬよう進める必要性が示唆されている」と語った。

関連記事:

  1. 医療AIに対する患者の見解
  2. 医薬略語は患者の理解をどれだけ妨げているか?
  3. 新研究 – 黒人外科患者が遠隔診療をより多く利用
  4. 患者が抱く「医療AIへの6つの想い」
  5. 小児救急を迅速化する機械学習ベースの自律検査指示

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事