医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療AIがもたらす影響・問題点新研究 - 黒人外科患者が遠隔診療をより多く利用

新研究 – 黒人外科患者が遠隔診療をより多く利用

COVID-19パンデミック初期を仔細に分析した新研究によると、外科診察を必要とした患者において、白人に比べて黒人の方が「遠隔診療をより積極的に利用」していたという傾向が明らかにされた。研究成果はJournal of the American College of Surgeonsから、このほど公開されている。

ハーバード・メディカル・スクールの研究チームが主導した本論文によると、著者らが「フェーズI」と呼ぶ2020年初期においては、人種・民族と診察方法との間に明らかな関連性はみられなかったという。一方、2020年6月24日から年末までに相当する「フェーズII」においては、黒人外科患者は白人患者よりも有意にバーチャル受診する傾向があり、さらに、女性外科患者は男性患者よりもその傾向が強いことを示していた。同様に、高齢患者、教育レベルの低い患者、英語が母国語でない患者は、この期間中に遠隔診療を利用する割合が低くなっていた。黒人患者に関するこの新知見について「有色人種コミュニティのデジタル医療へのアクセスを拡大するための制度的努力があったこと、また、この集団において存在する”対面医療への不釣り合いなアクセス障壁”、などを反映しているのかもしれない」と考察する。

また、著者らは「医療体制が新形態に移行するなか、デジタルデバイドや社会的弱者に対する構造的差別は、今後も外科医療へのアクセスを損ない、遠隔医療利用における不公平を生む可能性がある」と指摘する。デジタルリテラシーやテクノロジーへのアクセス、バーチャルプラットフォームを通じて医療者と効果的にコミュニケーションする能力が、今や重要な「健康の社会的決定要因」にさえなろうとしている。

関連記事:

  1. 新研究 – 女性医師の方が遠隔医療をより早期に取り入れる
  2. 米政府 – 小児向け遠隔医療拡充に向けた投資へ
  3. パンデミック下における「遠隔医療利用の社会格差」
  4. 医療画像から人種を読み取るAI
  5. AI3C – 業界リーダーらによるAI連合

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事