自閉スペクトラム症をアイトラッキングで検出

自閉スペクトラム症(ASD)は、生後18ヶ月前後で初期症状を疑われるものの、米国における診断年齢の中央値は依然4-5歳前後と、早期介入の可能性を遅らせている。米EarliTec Diagnostics社は世界中の子どもたちに利用できる、ASD早期発見のためのデジタルツール開発を進めている。

EarliTec Diagnosticsは10日、ASD診断を客観的な測定指標で支援する同社のツール「EarliPoint Evaluation」が、米食品医薬品局(FDA)の510(k)認可を取得したことを明らかにした。その基幹技術では、子どもの視線をアイトラッキング技術で捉え解析することで、社会的障害や言語/非言語能力と関連する独自のASD重症度指標を提供している。解析手法としては、子ども同士の社会的なやり取りを表現した短いビデオを児に見せ、アイトラッキングから子どもの集中力と反応性をモニタリングし、年齢別の基準と比較することで、社会性獲得の重要なポイントを逃していないかを判定するというもの。

EarliTecのCTOであるSreeni Narayanan氏は「我々が取り組むのは、ASDを有する子どもたちとその家族の生活を改善する革新的な技術開発で、今回のFDA認可は重要なマイルストーンとなる。EarliPoint Evaluationは、子どもの一瞬一瞬の行動を客観的に数値化するもので、全ての家庭が普遍的に利用できる測定方法を提供している」と語った。

関連記事:

  1. 自閉スペクトラム症を識別するAIソフトウェア
  2. 10分の動画で自閉スペクトラム症をスクリーニング
  3. 自閉スペクトラム症で女児と男児の脳の違いを見分けるAI研究

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事