医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療機器へのAI活用事例シンガポールの主要病院が「大腸内視鏡AI」を臨床導入

シンガポールの主要病院が「大腸内視鏡AI」を臨床導入

シンガポールの三次急性期病院であるFarrer Park Hospital(FPH)は14日、大腸病変の検出と分類を行うAIスクリーニングツールの臨床導入を明らかにした。これは、大腸内視鏡検査の施行時にリアルタイムで病変を捉え、医師に警告することができるというもの。

FPHが明らかにしたところによると、このツールは本年3月から4月にかけて試験導入を行い、360件以上の大腸内視鏡検査に適用して臨床的有効性を確認した上で、5月に正式導入を決定したという。大腸がんはシンガポールにおける主要な死亡原因であり、毎年1,800人程度が新規に罹患する。FPHは「より正確な病変の検出を可能とするため、AIスクリーニングの導入を決めた」と説明する。同院の消化器科医であるDesmond Wai氏は「この技術は、ポリープを明確に強調することで見逃しリスクを低減することに役立つ」と述べた上で、内視鏡の検査精度を向上させるものであることを強調している。

近年、FPHは医療サービスの向上を目的として、種々のAIツール導入を進めている。昨年9月には認知症診断を強化するため、AIを活用したMRIスクリーニングシステムを導入し、話題を呼んだ。また11月には、メドトロニックとの提携により、心血管疾患のAIスクリーニングサービスも開始している。

関連記事:

  1. 大腸内視鏡AI導入は年間370億円を削減する
  2. AIが大腸内視鏡検査での見落としを防ぐ
  3. オハイオ州立大学 – 大腸内視鏡AIシステムを実臨床導入

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事