医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究「一度の脳スキャン」でアルツハイマー病を高精度に診断

「一度の脳スキャン」でアルツハイマー病を高精度に診断

Imperial College London(ICL)の研究チームは、単回測定の脳MRI画像からアルツハイマー病の存在を高精度に予測するAIモデルの開発に取り組んでいる。アルツハイマー型認知症は最も一般的な認知症の類型だが、高齢化の進む英国においてこの影響は深刻なものとなりつつある。

ICLがこのほど明らかにしたところによると、研究チームは、脳を115の領域に分割し、それぞれの領域機能を適切に評価するため、大きさや形状、質感などについて、660の特徴量を設定した。脳MRIにおけるこの特徴量変化からアルツハイマー病の存在を識別するAIモデルを構築した。チームは400名を超えるアルツハイマー病患者、および対照となる健常者、前頭側頭型認知症やパーキンソン病などの他神経疾患患者、などにおいて当該モデルのパフォーマンスを検証している。結果、98%の症例で「MRI画像単独からアルツハイマー病を適切に識別できる」ことを明らかにしたとする。

研究を主導したEric Aboagye教授は「現在のところ、これほど高い精度でアルツハイマー病を予測できる、シンプルで広く利用可能な方法は他に存在しない。この点で、我々の研究は重要な前進と言える。対象とした医療機関では、(高度専門機関であるがゆえに)他の神経疾患を併発している患者が多数含まれるが、このシステムはそういった状況下でも、アルツハイマー病とそうでない者を高精度に識別している」と、ツールの臨床的有効性を強調している。脳の構造的特徴からアルツハイマー病を識別できる事実は、同疾患の診断基準の構成にも影響を与えるもので、今後の展開にも関心が集まる。

関連記事:

  1. NIH – アルツハイマー病対策のAI研究センター設立へ
  2. 語彙パターンによるアルツハイマー病スクリーニング
  3. 新時代の時計描画テストがアルツハイマー病を早期検出

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事