受精胚評価AIツール「CHLOE EQ」がCEマークを取得

イスラエルのFairtility社は、より良い条件の受精胚を選別するAIツールの開発を行い、体外受精の成功率向上を目指している(過去記事参照)。従来、受精胚の評価と選別は手作業で行われていたため、治療機会を制限するとともに、人為的エラーの可能性が避けられなかった。Fairtilityは、受精胚評価AIツール「CHLOE EQ」によって、受精胚評価の正確さと一貫性を生殖医療にもたらそうとしている。

Fairtilityは5日、CHLOE EQが欧州医療機器規則(MDR)に基づくCEマークを取得したことを発表した。欧州MDRは2021年5月に発効した新たな法的枠組で、より厳格な適合性実証の要件を定めている。この認可により、欧州の体外受精クリニックへのCHLOE EQ導入が始まる。CHLOE EQは受精胚の生存率予測を行うため、胚盤胞の評価、着床の予測、正倍数性(染色体数に過不足がないこと)の予測、受精胚のグレード付けといった、胚培養士のワークフローを支援する。

Fairtility CEOのEran Eshed氏は「欧州でCE MDRという、より厳しい規制における承認を得て、EU全域のクリニックに対してCHLOE EQの商業販売を行えることになった。EUにおける体外受精の市場規模は2027年までに20億ドル超に達すると推定され、米国市場に先駆けて臨床効果と影響力を実証する絶好の機会を得た」と語る。Fairtilityは、7月3〜6日にイタリア・ミラノで開催された欧州生殖医学会(ESHRE)年次総会でもCHLOE EQを紹介し、その臨床成果を発表している。

関連記事:

  1. Fairtility社 – 体外受精成功率向上を図る受精胚選別AI
  2. 受精胚の染色体情報をタイムラプス画像から評価
  3. 精子の細胞内pHから「体外受精の成功」を予測する機械学習アルゴリズム

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事