医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究心筋梗塞における「女性の過小治療」を改善するリスクモデル

心筋梗塞における「女性の過小治療」を改善するリスクモデル

29日、権威ある学術誌「The Lancet」に公開された研究では、現在の心筋梗塞患におけるケア指針となる確立されたリスクモデルが、女性では精度が低く、女性患者の過小治療を助長することを示した上で、ベースライン時のリスクプロファイルの性差を考慮し、リスク予測を改善したAIベースの新しいリスクスコアを開発した。

スイス・チューリッヒ大学の研究チームは、欧州最大の心筋梗塞患者データベースを用い、42万人を超える患者データからこの新しいリスクスコアを導出した。チームは「心筋梗塞に伴う一般的な初期症状が男女間で異なること」を指摘し、これが治療上のギャップを生んできた可能性にも言及する。つまり、左肩から左腕にかけての放散痛を伴う胸痛を自覚する男性とは異なり、女性の虚血性心疾患症状は背部に放散する腹痛や吐き気、嘔吐を頻回に認める。このような「疾患による表現型の違い」が、入院時のリスク因子プロファイルの違いに起因する可能性も明らかにしている。

著者らは「年齢や併存疾患の負担が、女性でさらに重くなることを考慮したリスクスコアの必要性」を訴え、実際にこれらを統計的に考慮した新しいリスクスコアを提唱している。機械学習アルゴリズムによる大規模データセットからの学習は、患者の個別化予後予測を高精度化した面もあり、本研究成果は個別化医療を巡る科学的エビデンスへの大きな貢献ともなっている。

関連記事:

  1. 網膜血管から心筋梗塞リスクを推定するAI研究
  2. 心筋梗塞リスクを強力に予測するPET/CTのAIモデル
  3. 新しい心臓画像診断「VNE」 – 造影剤不要の心筋評価へ

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事