アイリス – nodocaを用いた感染症診断が保険適用に

アイリス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:沖山翔)は14日、AI搭載の咽頭内視鏡システム「nodoca」を用いたインフルエンザウイルス感染症の診断について、中央社会保険医療協議会により「公的保険適用」が了承されたことを明らかにした。保険適用開始は、本年12月1日となる。

nodocaは、咽頭の画像と問診情報をAI解析することで、インフルエンザウイルス感染症に特徴的な所見を検出し、同疾患の診断補助ができるAI医療機器だ。アイリスの公表によると、今回の承認は、AI医療機器を用いた診断が公的保険に新機能・新技術(C2区分)として収載される日本初の事例となる。また、nodocaを用いたインフルエンザウイルス感染症検査の保険点数(診療報酬)は、305点(3,050円)となり、これはインフルエンザウイルス迅速検査キットを用いた診断と同じ点数となる。

nodocaのAIアルゴリズムは、のべ100以上の医療機関、10,000人以上の患者の協力を得て開発された。アイリスは、日本におけるAI医療の歴史に巨大な足跡を残した形となり、今後の展開にも大きな注目が集まっている。

関連記事:

  1. アイリス・nodoca – 日本初のAI搭載「新医療機器」
  2. 症状からインフルエンザとCOVID-19を見分けるAI研究
  3. 咳トラッキングAIプラットフォーム – HyfeとMSDの事業提携

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事