英国 AIによる製薬研究の基盤開発がスタート

Photo by iStock

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」は、Optibrium社、Intellegens社、Medicines Discovery Catapult社の3社が共同で行う創薬用AIの開発に、100万ポンドの研究費を助成した。イノベートUKは、英国内で革新的な研究をする企業に対して資金を援助する機関であり、今回の研究は、最近注目されている「AIによる創薬」の確固たる基盤を作るという点で革新的だと言える。

現在、AIによる創薬は、その効率性や正確性から大きな注目を集めているが、未だAIを用いた創薬のプロセスが確立されていないため、研究室ごとに試行錯誤で進めているというのが現状である。ZENOPAの記事によると、今回の共同研究は、AIに深層学習などのシステムを導入することで、化合物がどのように体内に吸収され、効果を発揮して排泄されるかなどの一連の挙動を予測するため、ソフトの基盤を作るというものである。

Catapultsの記事によると、新薬を販売するにあたっては、安全性や作用を証明するために、その薬に関する生理学的・化学的、または医学的な大量の情報が必要になる。今回の研究によって新しいソフトが開発されると、そのソフトを用いて確実性の高い根拠を元にした情報が多く得られることになるので、製薬研究に大きく貢献する可能性があるという。