NTU Singapore 心不全兆候を捉えるAIデバイス開発

Photo by iStock
最新ニュース

NTU Singaporeの研究チームは、AI技術を利用し、うっ血性心不全の増悪兆候を鋭敏に捉える携帯型デバイスを開発した。患者自身が家庭で利用できるよう、特殊な技術を要さない簡便な測定を実現しており、効果的な増悪予防と治療に結びつくことが期待されている。

米メディアECNの報道によると、聴診器に似たこのデバイスを胸に当て、スマートフォンと接続することで、肺への余剰な水貯留を胸部音から検出・解析し、正確に心不全兆候を捉えることができるという。南洋理工大学電気電子工学部のSer准教授は「このデバイスにより、時間・場所を問わず頻回の計測を行えるようになる。より早期からの治療介入につなげられるだろう」としている。

うっ血性心不全の増悪兆候を捉えるためには、医用画像や血液検査、医師の診察などが主体で、症状出現前に家庭で患者自身が行える検査には確立されたものがなかった。Asian Scientist Magazineは、研究者らはすでに技術の特許を取得し、臨床応用に向けた試験も順調に進んでいることを報じており、心不全ケアへの新しいアプローチに大きな期待が集まる。