Samsung 欧州放射線学会にAI画像診断装置を展示

Photo by iStock

Samsung Electronicsは、オーストリアで開催された欧州放射線学会2019(ECR 2019)において、AIを利用した画像診断装置など独自技術の展示・公開を行った。ECRは、放射線科領域における主要国際学会の1つで、先端研究とその知見が幅広く紹介されているが、近年AI関連研究の増加が顕著となっている。

Samsungの公表によると、公開したAI画像診断装置には、小児を対象とした低被曝線量のレントゲン撮像機などが含まれているという。Samsung Medison・CEOのDongsoo Jun氏は「SamsungのAI技術が既存の画像診断機器に応用され、これが市場に受け入れられていることを嬉しく思う。速く、簡便で、正確な診断技術をこれからも求めていく」と話す。

ヘルスケア産業は市場規模が圧倒的に大きく、近年のAI技術向上に伴って、大小を問わず企業の新規参入が急増している。なかでも画像診断領域はヘルスケアAIの花形となっており、ECRにおいてもAIを大きなトピックの1つとして取り上げ、大きな注目を集めていた。

前の記事VRの先進的な医療応用
次の記事米NeuroMetrix社 電気刺激による鎮痛療法の効能向上にAI応用
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。