Instagram インスタグラム – 反ワクチン運動を取り締まるAI搭載ポップアップの実装を計画

ワクチン接種は医学史上、個人の健康と公衆衛生の向上に圧倒的な貢献をしてきた。しかし近年、脆弱な科学的根拠でワクチン接種に反対し、人々に接種をためらわせる、反ワクチン運動(通称anti-vax)が盛んである。世界保健機関WHOも反ワクチン運動を2019年の健康への最大の脅威として対抗措置を強めている。

tubefilterによると、Instagramは新しいAI技術により反ワクチン運動コンテンツを取り締まるポップアップの実装を計画しているという。ユーザーが反ワクチン関連の用語を検索した際などにAIがフラグを立て、ポップアップで警告するような機能が予想される。BuzzFeedによると、既に#VaccinesCauseAIDS(ワクチンがエイズの原因)のような悪質なハッシュタグはブロックされている。反ワクチンのすべての投稿を取り締まる考えではなく、科学的に検証可能な情報は尊重しながらも、陰謀論的な情報の拡散を制限したいとの考えだ。

反ワクチン運動の取り締まりを目指すプラットフォームはInstagramに限らない。YouTubeは反ワクチン動画の非音声化を発表しており、AmazonはPrime Videoからすべての反ワクチンドキュメンタリーを削除、Twitterも追従する動きを見せている。

前の記事医療現場はサイバーアタックの脅威が増していく
次の記事肥満手術の術後合併症を予測するAIアルゴリズム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。