米Avenda Health – 前立腺がん治療はAIによって「部分的で最小限」を目指す時代へ

Side view of smiling middle aged nurse checking X-ray in a doctors office.

前立腺がんは米国で男性の9人に1人がかかるなど、注目度が高い。これまで、前立腺がんリスク評価へのAIの応用(過去記事)などを紹介してきた。最新のガイドラインにも書かれている「フォーカルセラピー(focal therapy)」は前立腺の中で特にがんの「部分」に焦点を当てた治療法である。放射線・超音波・凍結・光線・電圧・レーザーなどさまざまな原理の治療装置が開発されてきた。できるだけ周りの正常部分を残して、排尿や性機能に関する合併症を起こさないことを期待している。

Medgadgetの記事で紹介されているAvenda Healthは、AIアルゴリズムを利用し、治療部位を最小限に絞った前立腺組織内レーザー照射装置を開発している。同社のAIは画像検査と病理診断の大規模データから開発され、臨床試験ではレーザー治療から1年間、排尿と性機能の合併症がゼロと報告されている。2019年にシリーズAラウンドを開始した一方、アメリカ国立衛生研究所(NIH)からは310万ドルの研究助成も受けており、2020年に多施設臨床試験を始める予定である。

フォーカルセラピーが適する前立腺がんの条件は検討が続くが、前向き試験はいずれも良好な成績と報告されている。過剰な治療と合併症が問題となった歴史や、リスクが低いがんは発見後も治療せずに監視できる性質など、前立腺がん治療にはまだまだ議論の余地が多い。医療AIの台頭によって、これからも戦略が変わってゆく可能性が高いがんと言えるだろう。

前の記事聴覚障害者に危険音の発生を知らせるAI技術
次の記事英国 医療画像向け標準AIプラットフォームの構築へ
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。