急加速する診療記録電子化 – 潮流は世界へ

診療録の電子化は、究極的には施設横断的に個人の生涯に渡る健康記録を共有することができ、予防・診断・治療・予後追跡を含むあらゆる局面で強力な健康増進に繋げることができる。また、近年の加速度的なAI技術・データ処理および解析技術の向上によって、多くの新しい医学的知見が生まれ、個人の健康に還元できる時代となっており、電子診療録がこれに果たす役割はとても大きい。

Healthcare IT Newsの報道によると、マレーシアの厚生大臣は同国全ての公立病院に電子カルテシステムを導入する意図を明らかにしているという。現時点で145の公立病院のうち、電子診療録を導入済みの機関は35(25%)にとどまり、1703の公立クリニックでは118(7%)に過ぎない。未整備の全ての機関に導入する場合、必要な費用は15億マレーシア・リンギット(日本円でおよそ390億円)と見積もられる。

東南アジアから中近東にかけての国々では、古くからPersonal Health Recordと呼ばれる「健康記録の自己管理」が文化的に根付いている。一方で、近年のデータ関連技術向上を背景に、マレーシアのように電子診療録と健康データの集積管理の導入を目指す国々は急速に増えている。ただし先進国であっても、電子カルテシステムは各社全く異なった様式で入り乱れるケースが多いことなど、今後に向けての課題も少なくはない。

前の記事赤ちゃんの泣き声からその意味を識別するAIアルゴリズム
次の記事猫の捕食本能を抑えるAI? – 感染症予防の観点から
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。